お問い合わせ先

レジオネラについて

レジオネラとは、自然界の土壌や河川、湖、沼などに生息する細菌・バクテリアの一種です。アメーバなどの原生生物に寄生したり、ほかの菌や藻類と共生して増殖します。
レジオネラ属に属している菌は複数種類があり、総称して“レジオネラ属菌”と呼びます。

昨今、このレジオネラに感染する問題が、 温泉施設加湿器の使用等で起こっており、ニュース等でも取り上げられるようになりました。
これは、レジオネラ菌の生殖環境が要因になっています。 レジオネラ菌は、25~43℃で増殖し、特に 35~37℃は最も増殖に適した温度とされています。




同じような温度が保たれている浴槽や循環配管の内壁等に、生物膜(バイオフィルム)が形成されていると、レジオネラ属菌をはじめとする微生物が寄生し増殖します。このレジオネラ属菌を含む微小な水滴(エアロゾル)を人が吸い込むと、レジオネラ属菌が気道から体内に入り感染し、「レジオネラ肺炎」「ポンティアック熱」といったレジオネラ症を引き起こします。


感染すると、寒気・高熱・吐き気・筋肉痛・頭痛・咳等の症状の他、レジオネラ肺炎の場合は呼吸困難や下痢、意識障害を併発し、最悪の場合死に至るケースがあり、実際に死亡事故も発生しています。
レジオネラの病原性は低いですが、上記のような環境下では感染する恐れがあるので、特に免疫力が低い 乳幼児や高齢者 、病人等は注意が必要です。


レジオネラ対策

レジオネラ対策の目的は、第一に「レジオネラ菌の殺菌・発生予防」、第二に「より清潔で快適な環境づくり」です。店舗・施設利用者にとって、安全は大前提です。
レジオネラ属菌の発生を予防するためには、浴槽や配管などの、レジオネラ属菌が増殖しやすい場所の衛生管理を徹底することが重要です。
レジオネラ属菌は生物膜(バイオフィルム)を支持体としているため、生物膜を除去することでレジオネラ属菌の増殖を抑制することができます。

塩素のにおいがしない薬品を使用
従来、アルカリ性泉質以外の施設で効果を発揮していた塩素系殺菌剤では、お湯から塩素の臭いがするため利用者にとってはプールに入っているような環境でした。
当社で取り扱っている薬品は、レジオネラ菌属に十分に殺菌抗菌効果がある上、塩素臭はなく、快適にお使い頂ける薬品です。


レジオネラ被害のない快適な環境づくりを、安心・安全・低コストで当社がサポートします。


レジオネラ対策の流れ

①殺菌剤の投入…循環式浴槽で有機物の汚れが多い場合、除菌剤を時間差で投入します。
                  
②浴槽水の循環…薬品投入後1~2時間以上循環させ、約10分かけて排水しながら逆洗浄します。
                  
③すすぎ洗い…汚れがなくなるまで行い、泡切れが悪い場合消泡剤を投入します。
                  
④クリーニング…排水後新湯を入れて循環させ、配管内の汚れが出てこないか確認します。
                  
                 終了

又、NPO(特定非営利活動法人)『環境微生物災害対策協会』の協力の下、レジオネラ属菌等の検査を実施しており、しっかりした安全対策が目に見える形で証明できます。
薬品使用前後でレジオネラ属菌の検出がない場合も、年4~6回の定期的な検査の実施をお勧めしています。

当社で施工させて頂いた店舗・施設様に関しましては、その後のメンテナンスにお使い頂けるよう薬品の販売も行っております。


何かご質問等ございましたら、電話又は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。


お問い合わせ
0985-34-9851  受付時間9時~17時

メールでのお問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る